新卒入社して内定辞退は悪?代行はできる?

この記事は約1分で読めます。

内定式後の内定辞退はどうすればいいの?

日本企業の内定式は通常10月1日です。もし複数の企業の就職を希望していて内定辞退したい場合などは内定辞退の旨をきちんと辞退する企業に伝えなくてはなりません。

また、新卒で入社した会社をすぐ辞めるというケースもあります。

今回は後者の新卒で入社した会社をすぐ辞めるケースを解説していきます。

 

スポンサーリンク

新卒入社して内定辞退は悪?代行はできる?

内定とは、内定した新入社員・企業側双方が解除の権利を有しています。

そのため内定辞退はきちんとその旨を企業に連絡すれば可能です。

しかし、入社してから新入社員に向けて企業はさまざまな準備を始めます。

例えばOJTや必要書類の作成、備品の購入などです。これらにかかる費用や時間は会社が負担してくれるところが多いでしょう。

ところがこういった準備を知らずにいざ退職するとなると、これらの労力をすべて0にしてしまうことに等しいです。

よって、入社してからの内定辞退は悪っぽいですね。

それでも本当に会社を退職したいのであれば早めに意思表示することが大切です。

もし会社に連絡もしづらければ、退職代行サービスを使ってみない手はないでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました