40代の転職で30社以上不採用!対処方法とは?副業するという手も

この記事は約4分で読めます。

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に自分が選ばれてしまったらどうでしょうか。

40代の今まで、転職を1度も考えたことがない場合でも、仕事を失ってしまいとても困ることが想定されます。

これまでの貯金でなんとか生活は維持できるかもしれませんが、いつかは尽きてしまいます。

 

スポンサーリンク

対処方法:とにかく数申し込む

書類込で30社なら割と普通ですが面接で30社ならば面接に問題ありです。

とはいえ、どちらにせよ書類を改善するか、面接を改善するか、望む内容を妥協するかのいずれかです。
ただ30社落ちたというだけでは正直なところ何が原因かわかりかねます。

転職売り手市場であっても、40代ともなれば何かしらのスキルを求められます。

 

スポンサーリンク

どのようなスキルが必要か

スキルというと例えば、人事、総務、広報、法務、経理、財務、マーケティング、営業企画、営業、調達、SEなどです。できれば、これらの領域の中で、さらに専門と言える領域が望ましいです。

年齢が40代であれば、部下がいた経験があり、決裁権限のある管理職経験はあれば良いです。

昨今の人手不足という状況においても、有名企業や大手企業の場合、ハイスキル人材を採用したい意欲はありますが、そうでない場合、目立ったスキルの無い応募者が内定を得る可能性は低いです。

一方、関東をはじめとした東京、神奈川、大阪、名古屋などの都市圏以外の地方の場合、地方の地元中小企業であれば、企業側もハイスキル人材など言ってられないくらい人が足りないので、人柄と働く意欲があれば採用される可能性は高いでしょう。

 

スポンサーリンク

専門の転職エージェントを使う

転職エージェントを使うのであれば信頼できる転職エージェントを使いましょう。エージェントは完全にエージェント個人のスキルによるので信頼できるエージェントに当たるまでいろいろ当たってください。

文系未経験がエンジニアに転職するには?おすすめのエージェントと活用方法
エンジニアのおすすめな転職エージェントを知りたい・・・ 本記事では上記のような問いに対して、文系未経験でも転職ができるおすすめエージェントについて列挙していきます。 実際に筆者も体験談として、転職...

 

また、面接の準備ですが、事前にその会社について綿密に調べてください。ホームページはもちろん、決算説明資料や採用サイト、口コミサイトを調べて、ご自身のキャリアとのつながりや、志向にどのようにフィットするのか、難しいかもしれませんが、会社が質問者さん採用するメリット、面接官が上司に採用するべき理由をちゃんと述べられるように明確に話してください。

また、その会社のサービスを使えるなら使ってみてください。高価なサービスで有れば顧客の気持ちになりきってシミュレーションしてみてください。入社したらどんな仕事をしたいか、どんなことを望んでいるか、何を目標にしたいか考えておいてください。想定質問や逆質問にも備えてください。

次に、面接では自信満々で行ってきてください。嘘はダメですが、採用した方がいいよ!っというくらいオーラを出してください。身嗜みも大事です。
エージェントが可能であれば面接練習もしてみてください

面接後はどこがうまくいってどこがダメだったか振り返りをしてください。そしてさらに持ち駒を増やすべく求人を探して申し込んでください。

最後に、もし落とされたとしてもあまり落ち込まないでください、人には合う合わないがあり、会社との相性があります。落ちたことはショックですが、仮に間違えて相性の悪いところに入るなんてことにならなかったことを喜んでください。

 

スポンサーリンク

田舎に引っ越すという選択肢

40代であれば田舎に引っ越すという手もあります。

40代でリストラされるのは偶然ではなく必然です。若い人にチャンスを与えるのが日本の社会だからです。似た境遇の日本企業だと採用は難しいでしょう。

引退だと割り切り環境を変え、語学スキルを生かして外資の企業に進むか田舎に引っ越しするかで生活の安定を考えると後者がおすすめです。

子育てにも向いたのびのびと過ごせるいい環境ですが、良くも悪くも人が少ないので学力で差をつけようと考えにくく伸び悩みやすいところは要注意です。

お子様にもプログラミング教育やインターネット学習の環境を導入して率先して学べるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

何故、リストラ対象に選ばれたのか
その理由はどの様に考えましたか?
そしてその理由は改善出来るものですか?

新卒でさえもっと就職活動してる人は大多数いますので、30社くらいの応募で足りないということは往々にしてあります。

40代以降ともなればこれまでやってきたプロセスや結果も面接官に話す必要があります。

また、サラリーマンを辞め、副業してみるという手もあります。今までやってきたことや経験をブログなどで配信して稼ぐ、ウーバーイーツで稼ぐという手もあります。

インターネット環境があればブログを書くなどの副業ができますので、以下の記事が参考になれば幸いです。

ココナラでアフィリエイト用ブログ記事販売しています!格安SIMスマホなど
アフィリエイト用ブログ記事はこちらで販売! こんにちは!本サイトの筆者はココナラでアフィリエイト用ブログ記事販売しています。 ・ブログで稼いでみたいけど、記事の書き方がよくわからない ・イケハヤやマナブさんの有名人は稼...

 

 

タイトルとURLをコピーしました