新卒カードは大事!大手企業とベンチャー企業のどっちを選ぶか

この記事は約3分で読めます。

就職活動中に新卒カードという言葉を耳にしますが、大手企業とベンチャー企業のどちらが大事か迷う方も多いでしょう。

とくにエンジニアの就職だと大手企業、ベンチャー企業のどちらがよいのでしょうか。

スポンサーリンク

新卒の方は大手企業にしか入れない場合も

新卒の方の場合、ベンチャー企業か大手企業のどちらに入るか、自分で決められない意志しかないなら大手企業の方が無難でしょう。

大企業は新卒だけしか採らない企業もありますので。特に定着率が高い企業はその傾向が大きいです。

中途も採る企業でも、中途になると厳選採用するところが多いです。

それは求人票の応募状況からも見えてきます。

 

スポンサーリンク

新卒カードは大事

新卒では比較的ザル採用なのに、中途だと門戸が狭くなるような上場企業は結構あります。

大企業→ベンチャーへの転職は容易ですが、ベンチャー→大手の転職は困難です。

また、大企業の場合には社内ベンチャーや新規事業の部署を持っている会社もありますので、
大企業に身を置きながらベンチャーでの経験をすることもできます。
他にもベンチャーへの出資で出向という形で業務をすることも可能です。

 

スポンサーリンク

成長速度を重視するならベンチャー企業

業界や職種にもよりますが、IT企業の場合は

1. 200名程度のWEB系ベンチャー(サーバーエンジニア)
2. 2500名程度の老舗大手ゲーム会社(エンジニア)
3. 1500名程度のWEB系メガベンチャー(サーバーエンジニア)

という転職経験があったとします。

その経験からいうと、まずはベンチャーの方が良いでしょう。

大手企業の方が、新卒研修の期間が長くフォローもしっかりしていますが、実務が「新卒」の内容しかできません。
メリットでいうと、少しずつ安定した中で成長できますが、
デメリットとして、成長スピードはベンチャーの同世代よりかなり遅いという印象があります。

 

最初の企業で新卒入社1ヶ月後に配属、半年後には1つのサービスをエンジニア1人でまわしていました。

2年目には新規のサービス開発のメインエンジニアとして取り組んだり、エンジニアだけでなくビジネス的な視点も求められつつ仕事をこなしたので、
かなり成長しました。

2社目の大手企業に新卒入社した方たちは、新卒入社半年後に配属、最初は先輩のお手伝いをしたり、小さな機能を開発したりを1年目こなしていました。
3年めくらいで、ようやく1人で一歩踏み込んだ仕事をしたりしていました。

3社目のメガベンチャーにに新卒入社した方たちは、上記のちょうど真ん中くらいでしょうか。
やる気をみせて実績も伴えば、1年目でも大きな仕事をしている人もいるので、大きくてもやはりベンチャーという印象です。

 

スポンサーリンク

まとめ

話は戻りますが、
確かに大手企業に入社するのは難しい反面、ベンチャーで力さえつければ、エンジニアような職種だと余裕で転職できるでしょう。

逆に、大手企業のゆったりした成長スピードだと、ベンチャーの同年代には敵わないので、転職が難しくなるかもしれません。

だた、こればかりは企業ごとに特性が違うので、ベンチャーだから、大手だから、という枠で括れるものではないことには注意してください。
※大手か?ベンチャーか?というよりは、老舗の会社か、新しい会社か?というのも重要です。

 

タイトルとURLをコピーしました