就活面接に落ち続ける人の原因や傾向と対策

この記事は約2分で読めます。

就活面接に落ち続ける人の傾向と対策について解説します。

スポンサーリンク

1次面接で落ちる人

1次面接で落ちる人は最低限のマナーを守れていない人が落ちています。

アナウンサーみたく礼儀正しくすれば通過する確率は上がります。

1次面接の評価のポイントとしては、大抵の会社が「マナー」「見た目」「弊社への適性」というところで見ています。

つまり、この上の重役の上司と面接させても問題ない学生や就活生を選ぶようにしています。

ハキハキと丁寧に接して面接に臨みましょう。

スポンサーリンク

2次面接で落ちる人

2次面接では1次面接とは大抵別の人が出てきます。

この段階の面接では逆に、「この就活生を受からせたい」と思う面接官が出てくるので、本当に弊社に適しているかどうか本心の部分を見抜くために、深堀りして面接してきます。

「仕事が本当にできそうか」「この人の能力や適性はどうか」「将来は活躍してくれるか」という人間力を見られます。

「なぜうち?」という部分を執拗に聞いてくるので、嘘はつけないでしょう。

スポンサーリンク

3次面接で落ちる人

3次面接では会社の役員クラスの方(50代以上)が出てきます。

この段階の面接では「今までの確認(矛盾がないか)」「やめるリスクはないか」「入社する意思は強いか」の相性という視点で見てきます。

つまり、熱意を示しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

まず、面接にはこれらのようなステップがあることを理解しておきましょう。

就活面接に落ち続ける人の傾向と対策は、まずステップを理解しておくと面接への取り組み方や態度も違ってきます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました