就職活動で自分の欠点や短所を長所に変えるESの書き方まとめ!

この記事は約2分で読めます。

自分の長所を見つけようと思っても見当たらないから企業にどうアピールしたら良いのかわからない

短所だったら簡単に思いつくのに。

そんな場合は短所を言い換えて長所に変えてみましょう。

具体例をいくつか紹介します。

スポンサーリンク

短所を長所に変えるESの書き方まとめ!

①理屈っぽい → 理論的

「理屈っぽい」も悪い響きはしないのですが、少し小難しい感じです。「理論的」にすれば賢く聞こえがいいです。

②気分屋 → 前言にこだわらない・切り替えができる

気分屋だと、一緒に仕事をしていて、その都度気分で態度や発言を変えてしまいそうです。これでは困ってしまいます。しかし、「前言にこだわらない」にすれば頑固にならず切り替えができる人のように感じられます。「切り替えができる」でも良いですね。

③噂好き → 情報収集能力が高い

常に人のことで噂をする人は信用が置けません。しかし、情報収集能力に長けていればプラスの響きに聞こえます。

④優柔不断 → 慎重

優柔不断であれば仕事上でも決断力や積極性がない印象に感じられます。しかし、慎重な性格であれば危険を考えて回避することができる人になります。

⑤だらしない・大雑把 → おおらか

身だしなみが崩れていたりすると、既にだらしがないですね。そんな時は「おおらか」が良いです。細かいことを気にしないので人間関係がスムーズに送れるでしょう。

⑥八方美人 → 協調性がある

自分のことを八方美人だと言うのは気が引けます。逆に誰にでも愛想が良く明るく接することができるというニュアンスで伝えた方が良いでしょう。

⑦気を遣いすぎる → 心配りができる人

自分で自分のことを「気を遣いすぎる」と言ってしまうと、人情が無いように聞こえます。心配りができる人であれば細心の注意を払える人に見えるので、会社の仕事仲間との人間関係も良くなりそうです。

⑧まわりくどい → 説明好き・丁寧

さっさと結論を言わず説明し過ぎてしまうことがあります。面接では注意しましょう。しかし、説明好きなのは、相手に理解させたいという心遣いがきちんとしていることの現れです。

⑨自己中心的 → 自分に自信がある

自分の話ばかりしたり、会社にまるで関心がない態度を見せてしまうと自己中心的と思われがちですが、自分に自信があるのであれば、堂々と面接で自己アピールしてみましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました