【Swift】Xcodeで作る日本語と英語と電話番号のキーボードのソースコード(keyboardType)

この記事は約4分で読めます。
(ピアノ・ワープロ・コンピューターなどの)鍵盤、キーボード、電子鍵盤楽器、(ホテルなどの受付で各室の)かぎを下げる板
Xcodeで日本語と英語と電話番号のキーボードのソースコードをプログラミングしていきましょう。
Swiftで作っていきます。
ちなみに今回プログラミングするキーボードは、ピアノのような楽器ではなく、コンピューターなどの鍵盤を指しています。
スポンサーリンク

言語のキーボードを作るソースコード

日本語キーボードを表示させるためのソースコード(Default)

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //日本語キーボード
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.Default
 
  //キーボードを表示
 
  text2.becomeFirstResponder()
 
}

英語・英字キーボードを表示させるためのソースコード(ASCIICapable)

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //英語・英字キーボード
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.ASCIICapable
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}
スポンサーリンク

数字のキーボードを作るソースコード

数字キーボードを表示させるためのソースコード(DecimalPad)

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //数字キーボード
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.DecimalPad
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

電話番号キーボードを表示させるためのソースコード(PhonePad)

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //電話番号キーボード
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.PhonePad
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

Numbers and Punctuation

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //Numbers and Punctuation
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.NumbersandPunctuation
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

Number Pad

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //Number Pad
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.NumberPad
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}
スポンサーリンク

その他WebやSNSに関するキーボードのソースコード

URL

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //URL
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.URL
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

Name Phone Pad

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //Name Phone Pad
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.NamePhonePad
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

E-mail

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //E-mail
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.E-mail
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

Twitter

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //Twitter
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.Twitter
  //キーボードを表示
  text2.becomeFirstResponder()
}

Web Search

@IBAction func clickAlphabet(sender: AnyObject){
  //Web Search
  text2.keyboardType = UIKeyboardType.WebSearch //キーボードを表示 text2.becomeFirstResponder() 
}
タイトルとURLをコピーしました