【Swift】画像をアップロードする方法(Assets.xcassets)

この記事は約1分で読めます。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール!

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

TechAcademyはオンライン完結型の受講タイプです。20以上の豊富なコースから好きなものを選択して学習できます。

メンターも質問にきちんと応じてくれて、第13回 日本e-Learning大賞、プログラミング教育特別部門賞ともに受賞しています。

Webアプリ、Webデザインのみならず、ブロックチェーンやデータサイエンス、動画作成のコースなど幅広いです。


無料相談はこちら!


Webデザインスクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」

Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクールなので、より専門的なWebデザイン技術を身につけることが可能です。コンサルタントによる厚い転職支援もあるので、Webデザイナーとしての就職ができます。

未経験でも6ヶ月でWebデザイナーになれます。


無料相談はこちら!


テックキャンプ デザイナー転職(旧:【TECH::EXPERT】デザインスクール)

エンジニア転職に向いています。案件が獲得できなかった際は、全額返金保証してくれます。

家にいながら仕事がしたい、副業で収入をあげたい方向けです。


無料相談はこちら!


SkillHacks(スキルハックス) オンラインプログラミングスクール

ハッカソンや開発コンテストで優勝経験ありの実力派エンジニアからWebアプリケーションの開発手法のすべてを学べます。


無料相談はこちら!

ポートフォリオ制作実績

画像をアップロードするにはどうしたら良いのでしょうか。

初心者や初学者、大学生やポートフォリオ作成中のIT企業志望の就活生はまだわからない点が多いでしょう。

ここでSwiftの基礎をしっかり固めて学習しておきましょう。

スポンサーリンク

【Swift】画像をアップロードする方法(Assets.xcassets)

Assets.xcassetsに画像をアップロードすれば画像を使うことができます。

Assets.xcassetsを選択してここに画像をドラッグ&ドロップして3枚の任意の画像をアップロードしましょう。

ここでは「グー」「チョキ」「パー」の3つの画像を使ってプログラミングします。

名前はそれぞれ「rock.png」「scissor.png」「paper.png」です。

画像をアップロードできたか確認しましょう。上記のようになればOKですね。

なお、初心者向けに最初のXcodeの手順を以下に記載しました。わからなかった方は、ここで画像のアップロードの前に基本設定をしておきましょう。

→【Swift初心者】Xcode基本操作まとめ!ボタンやライブラリ、ラベルのUIパーツはどこ?

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました