【Swift】画像をアップロードする方法(Assets.xcassets)

この記事は約1分で読めます。

画像をアップロードするにはどうしたら良いのでしょうか。

初心者や初学者、大学生やポートフォリオ作成中のIT企業志望の就活生はまだわからない点が多いでしょう。

ここでSwiftの基礎をしっかり固めて学習しておきましょう。

スポンサーリンク

【Swift】画像をアップロードする方法(Assets.xcassets)

Assets.xcassetsに画像をアップロードすれば画像を使うことができます。

Assets.xcassetsを選択してここに画像をドラッグ&ドロップして3枚の任意の画像をアップロードしましょう。

ここでは「グー」「チョキ」「パー」の3つの画像を使ってプログラミングします。

名前はそれぞれ「rock.png」「scissor.png」「paper.png」です。

画像をアップロードできたか確認しましょう。上記のようになればOKですね。

なお、初心者向けに最初のXcodeの手順を以下に記載しました。わからなかった方は、ここで画像のアップロードの前に基本設定をしておきましょう。

→【Swift初心者】Xcode基本操作まとめ!ボタンやライブラリ、ラベルのUIパーツはどこ?

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました