基本情報技術者試験重要用語!システム戦略とエンタープライズアーキテクチャ

この記事は約2分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

システム戦略やエンタープライズアーキテクチャについて基本情報技術者試験の用語として違いを確認しておきましょう。

IT未経験や文系の方も就職や転職の資格として、プログラミング以外に基本情報技術者試験はとても重要です。

スポンサーリンク

基本情報技術者試験重要用語!システム戦略とエンタープライズアーキテクチャ

システム戦略とは

・部分最適化ではなく全体最適化

・上位に位置する経営戦略とのバランスを取る

・最高情報責任者はCIO

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

ビジネスアーキテクチャ(BA)

ビジネスや業務活動のことを指す。

ポートフォリオとして、業務説明書、機能構成図、機能情報関連図(DFD)、業務流れ図がある。

データアーキテクチャ(DA)

利用する情報やデータのことを指す。

ポートフォリオとして、情報体系整理図(UMLのクラス図)、実体関連図(E-R図)、データ定義表がある。

アプリケーションアーキテクチャ(AA)

情報システムの構成のことを指す。

ポートフォリオとして、情報システム機能構成図、情報システム関連図がある。

テクノロジーアーキテクチャ(TA)

情報システムに必要な技術やサービスのことを指す。

ポートフォリオとして、ネットワーク構成図、ソフトウェア構成図、ハードウェア構成図がある。

BPR

業務の抜本的改革のこと。

ソリューションビジネス

ハウジング

利用者側がサーバなどを用意し業者は場所や設備を提供するスタイル。

ホスティング

業者が保有するサーバーをレンタルし、それをネットワーク経由で利用すること。

ASP/SaaS

ネットワーク経由でアプリケーション機能を提供する。ASPの発展系がSaaS。

SOA

システムをサービス部品の集合としてとらえる構築・設計思想のこと。

 

 

タイトルとURLをコピーしました