【Java】String型文字列のソースコードまとめ!結合や置換、検索や変換、比較など

この記事は約13分で読めます。
String型文字列のソースコードまとめました。
文字列を連結したい、検索したいなどすべてまとめて記載しております。

文系未経験向け!エンジニア転職エージェント

ゲキサポ!転職

20代専門の就職サポート『ウズキャリ』

reフレッシュ転職

※たった5分で登録できます

 

IT企業に就職する就活生や大学生の方は必見です。

目次

スポンサーリンク

【Java】String型文字列の基本ソースコードまとめ!結合と削除

String型文字列を使うためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    System.out.println(s1); //Hello UpdownTech!

    String s2;
    s2 = "Good Night UpdownTech!";
    System.out.println(s2); // Good Night UpdownTech!
  }
}

String型文字列を結合・連結するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    //concat メソッドを使ってプログラミング(結合・連結)
    String s1 = "Hello ";
    String s2 = "UpdownTech!";
    s1 = s1.concat(s2); //s1 + s2
    System.out.println(s1); // Hello UpdownTech!

    //+演算子を使ってプログラミング
    String s3 = "Good Night ";
    String s4 = "UpdownTech!";
    String s5 = s3 + s4;
    System.out.println(s5); //Good night UpdownTech!
  }
}

String型文字列の長さを取得するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    int len = s1.length(); //lengthメソッド
    System.out.print(s1 + "の長さは");
    System.out.println(len + "文字です。");// Hello UpdownTech!の長さは17文字です。
  }
}

String型文字列の一部・途中文字を取得するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    // 5文字目の取得(substringメソッド)
    String s2 = s1.substring(4);
    System.out.println(s2);
    // 5〜8文字目の取得(substringメソッド)
    String s3 = s2.substring(4,8);
    System.out.println(s3);
  }
}

String型文字列のスペース(空欄)を削除するソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = " Hello UpdownTech!";
    System.out.println(s1 + " : " + s1.length() + "文字分あります。"); // Hello UpdownTech! : 21文字分あります。
    // スペース(空欄)を削除する(trimメソッド)
    s1 = s1.trim();
    System.out.println(s1 + " : " + s1.length() + "文字分あります。"); // Hello UpdownTech! : 17文字分あります。
  }
}
スポンサーリンク

【Java】String型文字列の検索と置換

String型文字列を検索するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    // 最初の文字のoを検索(indexOfメソッド)
    System.out.println(s1.indexOf('o')); //4
    // 10文字目以降のoを検索(indexOfメソッド)
    System.out.println(s1.indexOf('o', 9)); //9
    // 存在しない文字aを検索すると、代わりに-1になる
    System.out.println(s1.indexOf('a')); //-1
  }
}

String型文字列を置換するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    // 最初の文字のoを検索(replaceメソッド)
    s1 =  s1.replace('o', 'O'); //HellO UpdOwnTech! と表示される
    System.out.println(s1);
  }
}
スポンサーリンク

【Java】String型文字列の大文字と小文字の比較

String型文字列を大文字や小文字に変換するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    // 大文字に変換(toUpperCaseメソッド)
    System.out.println(s1.toUpperCase());
    // 小文字に変換(toLowerCaseメソッド)
    System.out.println(s1.toLowerCase());
  }
}

String型文字列を比較するソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    String s1 = "Hello UpdownTech!";
    String s2 = "Good Night UpdownTech!";
    System.out.print(s1 + " と " + s2);
    // equalsメソッドで文字列を比較する
    if(s1.equals(s2)){
      System.out.println("は同じ文字列です");
    }else{
      System.out.println("は違う・異なる文字列です");
    }

    System.out.print("Good Night UpdownTech!" + " と " + s2);
    
    if(s1.equals(s2)){
      System.out.println("は同じ文字列です");
    }else{
      System.out.println("は違う・異なる文字列です");
    }
  }
}

String型文字列を比較するソースコード(大文字と小文字を区別しない)

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

  String s1 = "Hello UpdownTech!";
  String s2 = "hello updowntech!";
  // equalsメソッドなので違う・異なる文字列と判断します。
  System.out.print(s1 + " と " + s2);

  if(s1.equals(s2)){
    System.out.println("は同じ文字列です");
  }else{
    System.out.println("は違う・異なる文字列です");
  }

  // equalsIgnoreCaseメソッドなので同じ文字列と判断します。
  System.out.print(s1 + " と " + s2);
  if(s1.equalsIgnoreCase(s2)){
    System.out.println("は同じ文字列です");
  }else{
      System.out.println("は違う・異なる文字列です");
    }
  }
}
スポンサーリンク

【Java】String型文字列の複製・コピー・コピペ

String型文字列をコピーして複製するソースコード

class Updown{
  public static void main(String args[]){

    String s1 = "Hello UpdownTech!¥n";
    String s2 = s1.toString(); // 文字列をコピーして複製する(toStringメソッド)
    System.out.print(s2);

    String s3 = s1;
    System.out.println(s3);
    //Hello UpdownTech!
    //Hello UpdownTech!
  }
}
スポンサーリンク

【Java】StringBuffer型文字列の基本のソースコードまとめ!

StringBuffer型文字列を使うためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello UpdownTech!");
    System.out.println(sb);
  }
}

StringBuffer型文字列を変更するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello UpdownTech!");
    System.out.println(sb);

    // 変更前の6文字目U
    System.out.println("変更前だと " + sb.charAt(6));

    // 変更後の6文字目U(charAtメソッド)
    sb.setCharAt(6, "u");
    System.out.println("変更後であれば " + sb);
  }
}

StringBuffer型文字列の長さを取得して変更するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello UpdownTech!");
    // lengthメソッドを挿入して長さを取得
    int len = sb.length();
    System.out.print(sb + " の長さは ");
    System.out.println(len + " 文字の長さです "); //Hello UpdownTech! の長さは 17 文字の長さです
    // lengthメソッドで文字列を変更(削除)
    sb.setLength(len - 7);
    System.out.println("後ろの7文字を削除・変更:" + sb); // Hello Updo
  }
}

StringBuffer型文字列のメモリ容量を取得するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello UpdownTech!");
    // lengthメソッドを挿入して長さを取得
    int len = sb.length();
    System.out.print(sb + " の長さは ");
    System.out.println(len + " 文字の長さです "); //Hello UpdownTech! の長さは 17 文字の長さです。
    // capacityメソッドでメモリ容量を取得する
    int cap = sb.capacity();
    System.out.println(sb + " の容量は " + cap +" になります"); //Hello UpdownTech! の容量は 33 になります。
  }
}

StringBuffer型文字列へ追加・追記するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello ");
    // appendメソッドで文字列へ追加・追記する
    sb.append("UpdownTech!"); // Hello UpdownTech!
    System.out.println(sb);
  }
}

StringBuffer型文字列へ挿入するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello ");
    // insertメソッドで文字列へ挿入する
    sb.insert(6, "UpdownTech!"); // Hello UpdownTech!
    System.out.println(sb);
  }
}

StringBuffer型文字列の文字を削除・消去するためのソースコード

import java.util.*;

public class Main {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    StringBuffer sb = new StringBuffer("Hello UpdownTech!");
    // deleteメソッドで文字列の文字を削除・消去する
    sb.delete(6, 12); // Hello Tech!
    System.out.println(sb);
  }
}
タイトルとURLをコピーしました