IT企業は稼げる?文系未経験でも仕事と生活のバランスを取れるか

この記事は約2分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

IT企業や業界の一部の人々は、なぜIT企業に勤めているかと問われた時に、決して給与のみの理由に動機付けられているだけでなく、仕事と生活のバランスをとるために仕事をしているということがわかりました。

今回はそんなエンジニア体験談を中年の先輩社員の方にお伺いしてみました。

スポンサーリンク

IT企業は稼げる?

数年前、会社のイベントに参加しているときに、業界で30年間働いていて、それでもまともな給与を得ていないと言った中年の人と話していました。

彼のコメントによると、彼はより良い生活を送るために幹部になったことであり、それから彼は業界にとどまるためには控えめな給与を受け入れなければならないことに気づいたそうです。

結果「業界で働くことは会社で働くことのようなものだと思った。長時間労働し、公正に給与を受け取る必要があったが、仕事を最大限に活用することができなかったので、辞任しなければならなかった。」とコメントしております。

この人のコメントに私は考えさせられました。話によると彼は20代の間だけでなく幹部としても業界で彼のプロジェクト全体を動かしていたそうです。

IT企業でエンジニアで稼げるかどうかはその人次第のキャリアによるそうです。

スポンサーリンク

文系未経験でも仕事と生活のバランスを取れるか

幹部給与があれば、家族にもっと気を配ることができます。

今、文系未経験で20代の方が就職や転職をお考えであれば、結婚のことや20〜30年後には親の介護などの負担も考えていかなければなりません。

自分の給料が着実に増加していけば、家族を現状の生活のまま維持することができますが、これはあなたがまともな給料を稼ぐ場合にのみです。

結局のところ、現世代の幹部が祖父母はもちろんのこと、両親の経済状況を維持できているのか、その点も含めて注目するべきです。

幹部になっても、「長時間働き続け、がんばります。」と言い、その時の仕事をずっと続けられたら、より良い人生を送ることができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

結論、IT企業に勤めている人たちの多くは良い収入があるかもしれませんが、彼らは業界にとどまるのに苦労しています。

彼らの多くは自分の仕事を見つけることすらできません。

家族を養うためには、長時間労働し、公正な給与を支払わなければなりません。

中年男性がきちんとした給与を得られないというコメントは非常に興味深いものでした。

彼は生涯業界で働いていましたが、まともな給与を稼ぐことができませんでした。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました