基本情報技術者試験の重要なキーワード事典「さ行」のIT用語

この記事は約4分で読めます。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール!

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

TechAcademyはオンライン完結型の受講タイプです。20以上の豊富なコースから好きなものを選択して学習できます。

メンターも質問にきちんと応じてくれて、第13回 日本e-Learning大賞、プログラミング教育特別部門賞ともに受賞しています。

Webアプリ、Webデザインのみならず、ブロックチェーンやデータサイエンス、動画作成のコースなど幅広いです。


無料相談はこちら!


Webデザインスクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」

Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクールなので、より専門的なWebデザイン技術を身につけることが可能です。コンサルタントによる厚い転職支援もあるので、Webデザイナーとしての就職ができます。

未経験でも6ヶ月でWebデザイナーになれます。


無料相談はこちら!


テックキャンプ デザイナー転職(旧:【TECH::EXPERT】デザインスクール)

エンジニア転職に向いています。案件が獲得できなかった際は、全額返金保証してくれます。

家にいながら仕事がしたい、副業で収入をあげたい方向けです。


無料相談はこちら!


SkillHacks(スキルハックス) オンラインプログラミングスクール

ハッカソンや開発コンテストで優勝経験ありの実力派エンジニアからWebアプリケーションの開発手法のすべてを学べます。


無料相談はこちら!

ポートフォリオ制作実績

サービスレベル管理:顧客満足度が合意した目標を達成しているかどうかをレビューし、改善のチャンスを特定するためにレビューすることです。

サービス継続性:合意したサービスを継続するために、サービスに深刻な被害を及ぼすリスク及び事象を管理する能力のことです。

サービスマネジメント:要求事項を満たし、設計・移行・提供・改善のために、サービス提供者の活動及び資源を管理するプロセスのことです。

サイバーセキュリティ経営ガイドライン:サイバー攻撃から企業を守る観点で、経営者が認識する必要のある3原則とセキュリティ担当幹部に指示すべき10項目をまとめたものです。

産業財産権

特許権:高度な発明を保護します。発明やアイディアを独占的に使用したり、生産、譲渡、貸与、展示したりできる権利です。特許庁に出願し、審査を通過して、登録されたときに発生し、出願から20年間保護されます。

実用新案権:改良などの考案を保護します。
意匠権:製品のデザインを保護します。
商標権:商品名やマークなどの商標を保護します。

製造物責任法(PL法)

シーケンス図:オブジェクト間のメッセージの流れを時系列に沿って表した図です。例は、分散型システムにおけるコミットメント制御を記述したものです。

実用新案権:改良などの考案を保護します。

インデックスレジスタ:アドレス指定に用いるレジスタであり、命令のアドレス部を修飾するための増幅分を保持する。=指標レジスタ

商標権:商品名やマークなどの商標を保護します。

情報セキュリティ:企業や組織における情報の機密性、完全性、可用性を維持することです。これらは情報セキュリティの3要素と呼ばれています。情報セキュリティの国際規格としてISO27000シリーズがあります。

情報量の単位:コンピュータ内部ではすべての情報は電気信号のONとOFFのように2値で扱われているので、これを一般的に2進数の1と0に対応させ表現しています。コンピュータで扱う最小の情報量の単位をビット(bit)といい、2進数1桁に相当します。また、ビット8個を集めたものをバイト(Byte)といい、2進数8桁に相当します。10001111は1バイト(=8ビット)の情報量であり、このような1と0の羅列をビットパターンと呼ぶこともあります。1バイトとくれば8ビットのことを表します。

1ビットで表現できる情報量は0と1の2・1通り、2ビットでは00、01、10、11の2・2通り、3ビットでは2・3通りです。

nビットで表現できる情報量とくれば2・n通り

情報量を表す接頭語とくればk(10・3倍)、M(10・6倍)、G(10・9倍)、T(10・12倍)

時間を表す接頭語とくればミリ(10・-3倍)、マイクロ(10・-6倍)、ナノ(10・-9倍)、ピコ(10・-12倍)

出力装置:内部から外部へデータを書き出す

真正性:偽造や成り済ましでなく、主張する通りの本物であるという特性

信頼性:意図した通りの結果が得られるという特性

責任追跡性:ログファイルなどにより、誰が関与したかを追跡できるような特性

制御装置:記憶装置からプログラムの命令を取り出して解読し(①)、それぞれ全ての装置に指示を与えるコンピュータの中枢的な役割を担う。

製造物責任法(PL法):製造物の欠陥により、人の生命、身体などに関わる被害が生じた場合、過失の有無にかかわらず、製造業者などの損害賠償の責任について定めています。ソフトウェアについてはPL法の対象外ですが、組込ソフトウェアの不具合が原因で人的被害が生じた場合は、そのソフトウェアを組み込んだ機器の欠陥とみなされ、機器を製造し出荷したメーカーがPL法上の責任を負うことになります。

セッションハイジャック:セッションIDによってセッションが管理される時、ログイン中の利用者のセッションIDを取得し、利用者になりすましてサーバーにアクセスする行為のことです。

専用線サービス:特定の相手先との間を固定的に接続

相対アドレス指定:アドレス部の値と命令アドレスレジスタ(プログラムカウンタ)の値を加算し実行アドレスとする方式です。

ソフトウェアライフサイクル(SLCP):ソフトウェア開発では、同じ用語を使っていながら、企業によってその解釈に微妙なずれが生じ、そのズレがプロジェクトに大きな影響を与えてしまうことがあります。

損益分岐点:損失と利益が分岐する点です。売上高が、この点を上回れば利益が、下回れば損失が出ることになります。

損益分岐点での利益は0であり、損益分岐点での売上高は、変動費と固定費の和に等しくなります。

損益分岐点=変動費+固定費

売上高と変動費は比例しているので、その比率(変動費率 = 変動費 / 売上高)は常に一定になります。上の式の「変動費」は、「損益分岐点 * 変動費率」と置き換え可能です。

損益分岐点 = 損益分岐点 * 変動費率 + 固定費

これを変形すると以下の公式になります。

損益分岐点 = 固定費 / (1 – 変動費率) → 変動費率 = 変動費 / 売上高

タイトルとURLをコピーしました