Returned mail: see transcript for detailsの謎のメールが大量の文章が届く。対処方法は?(552)

この記事は約3分で読めます。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール!

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

TechAcademyはオンライン完結型の受講タイプです。20以上の豊富なコースから好きなものを選択して学習できます。

メンターも質問にきちんと応じてくれて、第13回 日本e-Learning大賞、プログラミング教育特別部門賞ともに受賞しています。

Webアプリ、Webデザインのみならず、ブロックチェーンやデータサイエンス、動画作成のコースなど幅広いです。


無料相談はこちら!


Webデザインスクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」

Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクールなので、より専門的なWebデザイン技術を身につけることが可能です。コンサルタントによる厚い転職支援もあるので、Webデザイナーとしての就職ができます。

未経験でも6ヶ月でWebデザイナーになれます。


無料相談はこちら!


テックキャンプ デザイナー転職(旧:【TECH::EXPERT】デザインスクール)

エンジニア転職に向いています。案件が獲得できなかった際は、全額返金保証してくれます。

家にいながら仕事がしたい、副業で収入をあげたい方向けです。


無料相談はこちら!


SkillHacks(スキルハックス) オンラインプログラミングスクール

ハッカソンや開発コンテストで優勝経験ありの実力派エンジニアからWebアプリケーションの開発手法のすべてを学べます。


無料相談はこちら!

ポートフォリオ制作実績
以下のようなメッセージ(メール)が届いたけれど、英語で書いていて意味がわからない!
この場合はどう対処すればよいのでしょうか。
Returned mail: see transcript for details
Mail Delivery Subsystem<MAILER-DAEMON@conwmuserg-02.nifty.com>
The original message was received at Tue, 17 Dec 2019 14:09:38 +0900
from [10.126.10.40]
   —– The following addresses had permanent fatal errors —–
<送り先のメールアドレス>
(reason: 552 Error: message too large)
   —– Transcript of session follows —–
… while talking to lsean.ezweb.ne.jp.:
>>> DATA
<<< 552 Error: message too large
554 5.0.0 Service unavailable
日本人なのに、何だか別の国の人から送られてきたメールみたいですね。かっこいいかも。
But, I do not speak English !!(笑)
スポンサーリンク

Returned mail: see transcript for detailsの謎のメールが大量の文章が届く。対処方法は?(552)

相手の送り先メールアドレスが存在しないため、このようなメッセージが来たと考えましょう。
原因は自分が送り先のメールアドレスを打ち間違えたか、そのメールアドレス自体がなくなって解約されているのかどちらかです。

まだ考えられる原因はあります。

または、自分もしくは相手のメール受信ボックスが容量オーバーしていて、メールを受け取れない状態になっています。
これ以外の原因としては、サーバーがエラーを起こしている場合もあります。
自動で再送されないので、削除したらもう一度相手にメールを返信してもらいましょう。
メールアドレスを送る際は慎重に送りましょう。
スポンサーリンク

まとめ

メールサーバーがエラーを起こしている場合は復旧を待ち、サーバーからお知らせのメールが来るのを待ちましょう。
結論、メールが使えなくなってしまった場合は一度電話をしたり、チャットやLINEで話したりするなど、柔軟に対応していきましょう。
何事も冷静になってみることが大切ですね。
タイトルとURLをコピーしました