【Java】例外を処理・実行するためのソースコード

この記事は約3分で読めます。
例外を処理・実行するためのソースコードについて紹介します。
スポンサーリンク

例外を処理・実行するためのソースコード

package java_lesson1;
public class HelloJava {
public static void main(String[] args) {
try {
int a[] =  new int[5];
System.out.println(“aの配列の3番目に代入します。”);
//aの配列の3番目は10です。
a[2] = 10;
System.out.print(“aの配列の3番目は” + a[2] + “です。”);
}catch(ArrayIndexOutOfBoundsException e){
System.out.println(“代入不可”);
}
}
}
スポンサーリンク

例外を絶対に必ず処理・実行するためのソースコード

package java_lesson1;
public class HelloJava {
public static void main(String[] args) {
try {
int a[] =  new int[5];
System.out.println(“aの配列の3番目に代入します。”);
a[2] = 10;
System.out.print(“aの配列の3番目は” + a[2] + “です。”);
}catch(ArrayIndexOutOfBoundsException e){
System.out.println(“代入不可”);
}finally {
System.out.println(“処理できました。”);
}
}
}
スポンサーリンク

例外の情報を取得するためのソースコード

package java_lesson1;
public class HelloJava {
public static void main(String[] args) {
int a[] =  new int[5];
System.out.println(“aの配列の10番目に代入します。”);
a[9] = 10;
System.out.print(“aの配列の10番目は” + a[9] + “です。”);
}catch(ArrayIndexOutOfBoundsException e){
System.out.println(“代入不可”);
System.out.println(e + “ が例外の情報です。”);
}
}
}
スポンサーリンク

例外を強制的に発行するためのソースコード

package java_lesson1;
public class HelloJava {
public static void main(String[] args) {
try {
throw new IndexOutOfBoundsException();
}catch(ArrayIndexOutOfBoundsException e){
System.out.println(“例外 ” +e);
System.out.println(“ を処理しました。”);
}
}
}
タイトルとURLをコピーしました