【Python】乱数(ランダムな数)を生成するためのソースコード!偶数か奇数か判定

この記事は約2分で読めます。

Pythonで乱数(ランダムな数)を生成するためには、randint(乱数の範囲)を使ってプログラミングします。

適当なPythonファイル名(〜.py)で、Visual Studio Codeで作成してみましょう。

スポンサーリンク

【Python】乱数(ランダムな数)を生成するためのソースコード!

#!/usr/bin/env python2.7.16
# coding:utf-8
from random import randint
a = randint(0,100)#0~10の乱数を生成
if 50 <= a <= 100:
    print(a,"OK")
else:
    print(a,"NO")

if文の条件分岐を使用し、ランダムな数の中で50以上100以下の数値が出力された場合はTrue、それ以外の数値はFalseで返します。

スポンサーリンク

【Python】偶数か奇数か判定するソースコード

以下は実際に乱数(ランダムな数)を使って偶数か奇数を判定するプログラムを作成しています。
3つのパターンとありますが、書き方は違えど、結果は一緒になります。

ソースコードパターン1

#!/usr/bin/env python2.7.16
# coding:utf-8
from random import randint
a = randint(0,100)#0~10の乱数を生成
if a%2:
    print(a,"は奇数です")
else:
    print(a,"は偶数です")

ソースコードパターン2

#!/usr/bin/env python2.7.16
# coding:utf-8
from random import randint
a = randint(0,100)#0~10の乱数を生成
if a%2 == 1:
    print(a,"は奇数です")
else:
    print(a,"は偶数です")

ソースコードパターン3

#!/usr/bin/env python2.7.16
# coding:utf-8
from random import randint
a = randint(0,100)#0~10の乱数を生成
if a%2 == 0:
    print(a,"は偶数です")
else:
    print(a,"は奇数です")
タイトルとURLをコピーしました