文系未経験システムエンジニアがフリーランスになるための方法

この記事は約3分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

文系未経験システムエンジニアでもフリーランスになることはできるのでしょうか。

事実、プログラミングやコーディングをしないで、いつまでもテスターのようなサラリーマンを続けているとスキルが身につきません。

スキルが身につかないままではフリーランスとして独立することも難しいのが現状になります。

 

実際にエンジニアでフリーランスになる方の場合、文系未経験のステータスであれば相当努力することは間違い無いでしょう。

スポンサーリンク

スキルが身につかない文系未経験システムエンジニアの例

 

日本企業はIT人材が不足しているため、未経験でプログラミングやコーディングをしたことがない会社員もざらにいます。

なぜ、プログラミングやコーディングをしたことがない人でも普通に働き続けられるのかというと、中にはテスターのような人たちもいるからです。

プログラミングをしてWebサイトやWebアプリケーションを内側から作ったりすることはせずに、設計をしたり不具合はないかをチェックします。

ExcelやWordで文書で設計図を書いたりテストをするような人ですね。

少しパソコンの知識があれば誰でもできてしまうことです。

以下では文系未経験システムエンジニアがフリーランスになるための方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

プログラミングやコーディングをできるようにする

 

まずHTML,CSSの知識があればWebサイトの見た目となる画面が作れるようになります。

PHPやJavaがわかれば、サーバーサイド側で特殊なページ遷移など動きのあるサイトを作ることができます。

 

「フリーランスを目指している」

「手に職をつけていきたい」

「いつまでもテスターは辛い」

「失敗したくない」

 

と考えているようでしたら、まずはプログラミングやコーディングスキルを身につけて、フリーランスとしての価値を磨きましょう。

プログラミングスクールやコーディングに関しては、当サイトでも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

Webページ制作やWebアプリ開発のプログラミングならTechAcademy、デザイン系などのコーディングはLIGがおすすめです。

 

IT未経験の文系システムエンジニアでも勉強しながらスキルを身につけることができます。

TechAcademyであればオンラインで受講もできるので地方の就活生にも便利です。

当サイトでプログラミングスクールについても紹介していますので、もし未経験エンジニアでつまずいてしまった場合、一回人生プランを立て直してみるのが良いでしょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました