文系未経験エンジニアでプログラミングができない場合の対処法

この記事は約3分で読めます。

本記事では、新卒や既卒で文系未経験エンジニア向けに、プログラミングができない場合の対処法について解説します。

正直なところ、文系でもプログラミングができないというと、現場でもかなり危うい状況でしょう。

挙げ句の果てには日数や年数だけが過ぎ、バグ修正の嵐で帰宅できないということもあり得ます。

今すぐにでも未来を変えたいという場合は、本記事内でプログラミングスクールを紹介していますので、ぜひそちらで自分に合った学習をしてみてください。

プログラミングができなければコーティングをしてみるというのもワンチャンありです。

スポンサーリンク

文系未経験エンジニアがプログラミングをできないとどうなる?

文系未経験エンジニアがプログラミングをできない場合は、結論、現場ではテスターになるしかないでしょう。

行う仕事内容としては、GoogleスプレッドシートやExcel、Wordなどでテスト項目書を作成したり、実際にテストをしたりなどです。

ただ、いつまでもこのような誰にでもできるような仕事を続けてしまうと、転職やフリーランスとしての独立も難しくなります。

 

スポンサーリンク

文系未経験エンジニアでプログラミングができない場合の対処法

 

文系未経験エンジニアで社内でプログラミングができない場合は、その会社に維持でも残り続けるか、別の業界に転職してしまったほうが無難です。

そのような場合は転職したりフリーランスになることもできないので、月収や年収が上がったりすることなく終えてしまいます。

 

 

さらに、35歳定年説ともいわれているように、30代を超えてしまうと、スキルが証明できない限りは、IT企業の転職は厳しいです。

実際のところ2019年、45歳以上のリストラもニュース(富士通)で話題になりました。

もしくは、プログラミングではなくWebデザイン系としてコーディングをできるようになる方法もあります。

当サイトでもHTML,CSS,JavaScriptなどのソースコードを紹介していますので、パソコンで試しながら勉強することも可能です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

スキルを証明するためには、文系未経験エンジニアでもプログラミングができなければいけません。

プログラミングができれば、資格取得やポートフォリオの作成ができ、ポートフォリオ

それでも私はエンジニアとして続けたいという方は、本記事内でおすすめしているプログラミングスクールで、自分に合った学習をしてみてください。

ポートフォリオを作れることが自分のできることの証明になり、事実上、未経験エンジニアでの就活も上手くいくことが多いです。

 

タイトルとURLをコピーしました