【Java】メモリ使用量・容量を取得するためのソースコード

この記事は約1分で読めます。
メモリ使用量・容量を取得するためのソースコードについて紹介します。
スポンサーリンク

【Java】メモリ使用量・容量を取得するためのソースコード

import java.util.*;
public class Main {
    public static void main(String[] args) throws Exception {
        System.out.print(“メモリ使用量は “);
        System.out.println(Runtime.getRuntime().freeMemory());//メモリ使用量は 1322664
        String str = “UpdownTech”;
        System.out.print(“メモリ使用量は “);
        System.out.println(Runtime.getRuntime().freeMemory());//メモリ使用量は 1322664
}
}
全て(全部)のメモリ使用量・容量を取得するためのソースコード
執筆者
自己紹介
FirstPC

株式会社FirstPCのサイト管理運営者。
東京のIT自社開発系ベンチャー企業に勤めた後、Webデザイン系のフリーランスエンジニアとして様々な案件(HTML, CSS, JavaScript, Java, PHP, Swift)を重ねて独立し、会社設立。Webサイトのデザイン、コーディングのほか、ロゴ・バナー作成や副業用リライト記事の販売、動画作成をしている。

FirstPCをフォローする
プログラミング
スポンサーリンク
FirstPCをフォローする
FirstPC パソコンなんでも塾
タイトルとURLをコピーしました