Javaとは何か?オブジェクト指向やクラス、アプレットとサーブレット

この記事は約2分で読めます。

現役エンジニアがおすすめするプログラミングスクール!

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール【TechAcademy】

TechAcademyはオンライン完結型の受講タイプです。20以上の豊富なコースから好きなものを選択して学習できます。

メンターも質問にきちんと応じてくれて、第13回 日本e-Learning大賞、プログラミング教育特別部門賞ともに受賞しています。

Webアプリ、Webデザインのみならず、ブロックチェーンやデータサイエンス、動画作成のコースなど幅広いです。


無料相談はこちら!


Webデザインスクール「デジタルハリウッド STUDIO by LIG」

Web制作会社(株式会社LIG)が運営するスクールなので、より専門的なWebデザイン技術を身につけることが可能です。コンサルタントによる厚い転職支援もあるので、Webデザイナーとしての就職ができます。

未経験でも6ヶ月でWebデザイナーになれます。


無料相談はこちら!


テックキャンプ デザイナー転職(旧:【TECH::EXPERT】デザインスクール)

エンジニア転職に向いています。案件が獲得できなかった際は、全額返金保証してくれます。

家にいながら仕事がしたい、副業で収入をあげたい方向けです。


無料相談はこちら!


SkillHacks(スキルハックス) オンラインプログラミングスクール

ハッカソンや開発コンテストで優勝経験ありの実力派エンジニアからWebアプリケーションの開発手法のすべてを学べます。


無料相談はこちら!

ポートフォリオ制作実績

Javaとは何なのでしょうか。

JavaScriptと呼ばれる言語もよく耳にするかと思われますが、こちらとは全く違う性能をもつプログラミング言語になります。

Javaは何方かと言えば、C言語寄りの高度な言語になりますので、案件によってはかなり高額なものが多いところが特徴的です。

Javaについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

Javaにおけるオブジェクト指向とは

Javaは、プログラミング言語の中でもオブジェクト指向と呼ばれる言語の1つです。

オブジェクト指向とは、プログラミングをモノの塊(オブジェクト)として捉え、プログラムの全体をオブジェクトとオブジェクトの関連でプログラミングすることで、処理を構築していくプログラミング言語のことです。

IT企業などの現場でのプログラミングでは、パーツごとに最小単位からプログラムを作り、それらを集めることによって1つの大きなシステムを開発しています。

昔の仕様においては、全部の処理をいちいち一つ一つ書いておかなければなりませんでしたが、Javaのオブジェクト指向プログラミングによって、小さなプログラムを集めて再利用することが可能になりました。

それによって、大規模なシステム開発も運用後の保守もふまえて効率的に短期間で行うことができました。

Javaと似た言語にC++があります。JavaはC++の良い性能を継承し、難しいところが排除されて開発された言語になります。

そのためJavaは親しみやすい言語となっております。

スポンサーリンク

Javaのクラス

Javaのソースコードには、最低限1つでもクラス(class)がないと動作しません。

クラス(class)とは、モノの設計図とよばれる型です。この中に、どんな性能を追加していくのか記述していきます。

オブジェクトを使う際は、使いたいオブジェクトの設計図であるクラスを根底にして、オブジェクトの実体をプログラミングします。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました