【Python】if文の条件分岐でできること!IT企業未経験の初心者でもわかるソースコード

この記事は約3分で読めます。

適当なPythonファイル名(〜.py)で、Visual Studio Codeで作成してみましょう。

実行するファイルを右クリックで選択し、Copy Path(パスの複製)を押下しましょう。

パスとはファイルが存在している場所のことです。

これをそのままterminal(ターミナル)に「python (パス名)」という順序で貼り付けしましょう。

これでEnter キーを押せばif文の条件を判定して実行・確認することができます。

スポンサーリンク

【Python】if文の条件分岐でできること!

if文とは、条件分岐のことです。if以下の文でTrueの場合の条件を判定し、else以下でそれ以外の条件(False)の判定をします。

【Python】どちらかがTrueのときのソースコード(or)

if(shinchou >= 180)or(taijuu >= 90):
    print("身長は",shinchou,"で、体重は",taijuu)
    print("背が高い")
else:
    print("身長は",shinchou,"で、体重は",taijuu)
    print("ふつう")

どちらかの条件が当てはまっていればif以下の処理を実行します。

 

【Python】両方ともTrueのときのソースコード(and)

if(shinchou >= 180)and(taijuu >= 90):
    print("身長は",shinchou,"で、体重は",taijuu)
    print("肥満体型")
else:
    print("身長は",shinchou,"で、体重は",taijuu)
    print("ふつう")

両方とも当てはまっている場合に条件が判定されます。上記のソースコードの場合は、身長が180cm以上、体重も90kg以上という2つの条件を満たすと最初のif以下の条件が実行されます。

 

スポンサーリンク

【Python】if文のネスティング(ネスト)とは?複数の条件を判定する

ネスティング(ネスト)とは、条件分岐が2つ以上連なることです。より複雑になって行きますが、以下のソースコードを例に考えれば、未経験の文系大学生でも理解できるでしょう。

from random import randint
kokugo = randint(0,100)
suugaku = randint(0,100)

if kokugo >= 60 :
    if suugaku >= 60 :
        print("国語は",kokugo,"点"," 数学は",suugaku,"点")
        print("あなたは無事、卒業できます。")
    else :
        print("国語は",kokugo,"点"," 数学は",suugaku,"点")
        print("国語は必修科目なので一応合格です。数学も頑張ってください。")
else:
        print("国語は",kokugo,"点"," 数学は",suugaku,"点")
        print("卒業できません。落第!")
タイトルとURLをコピーしました