MacとWindowsでH2 Databaseをダウンロード・インストール

この記事は約2分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

H2 Databaseをインストールする前にJavaダウンロードしておきましょう。

【Java#1】最新版JDKインストールとプログラミング実装まで
今回は最新版JDKインストールとプログラミング実装まで説明します。 インストールした後、すぐにコードを書くことができます。 ここまで一気にやりますよ。Javaプログラミング開発の手前です。 もしJavaをイ...

 

こちらのページでJDKダウンロード方法を解説しています。

スポンサーリンク

MacでH2 Database Engineをダウンロード・インストールする方

H2 Databaseのページに飛んでダウンロードします。

 

 

All Platformsをクリックしましょう。

「ダウンロードを許可しますか?」と聞かれるので許可を押下しましょう。

Macでのダウンロードが完了しました。

スポンサーリンク

WindowsでH2 Database Engineをダウンロード・インストールする方法

同様にH2 Databaseのページに飛んでダウンロードします。

 

Windows Installerをクリックしてexeファイルを保存しましょう。

 

インストール先を選択して「次へ」を選択します。そのままで問題ありません。

 

「次へ」>「完了」を押してインストール完了です。

 

スポンサーリンク

H2 Consoleを起動する方法

h2-1.4.200.jarファイルを右クリックして「このアプリケーションで開く」からJar Launcher.appで開きましょう(Mac)。

左上のEnglishの部分は日本語に設定することができます。

ログイン画面に任意のJDBC URLを入力したら接続ボタンを押してみましょう。

testの部分の名前はなんでもOKです。

ユーザ名とパスワードも任意に決定できます。

接続できない場合は

jdbc:h2:~/test

jdbc:h2:tcp://localhost/~/test

 

に変更してみましょう。

 

H2コンソールという画面に移りました。ここでは、SQL文を入力してファイルを増やしていくことができます。

SQL文についてはこちらのページで紹介していますので、試しにコマンドを入力して実行してみてください。

サーバーを切断してもう一回管理画面から実行する場合は左上ののマークをクリックします。

以上で解説を終了します。

 

タイトルとURLをコピーしました