【JavaScript】決めた回数だけ繰り返すためのソースコード

この記事は約1分で読めます。

while文とdo while文について学んだ後は、for文について学習すると効果的です。

for文との違いは、for文は決めた回数だけ繰り返すことができる点です。

プログラミングスクールでも必ず習得することになるでしょう。

IT企業志望の学生(文系)であれば、この辺の知識は基礎になるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

【JavaScript】決めた回数だけ繰り返すためのソースコード

for(let i = 3; i < 8; i++){
	console.log('i=' + i);
} //i=3, i=4, i=5, i=6, i=7
執筆者
自己紹介
FirstPC

株式会社FirstPCのサイト管理運営者。
東京のIT自社開発系ベンチャー企業に勤めた後、Webデザイン系のフリーランスエンジニアとして様々な案件(HTML, CSS, JavaScript, Java, PHP, Swift)を重ねて独立し、会社設立。Webサイトのデザイン、コーディングのほか、ロゴ・バナー作成や副業用リライト記事の販売、動画作成をしている。

FirstPCをフォローする
プログラミング
スポンサーリンク
FirstPCをフォローする
FirstPC パソコンなんでも塾
タイトルとURLをコピーしました