【JavaScript】特定の決めた位置で四捨五入する(小数点をそのままに)

この記事は約2分で読めます。

JavaScriptでは、切り捨て・切り上げ・四捨五入して整数にするために、ceil, floor, truncを使ってプログラミングしました。

しかし、自分の決めた特定の位置で小数点を切り上げたいというケースもあるでしょう。

整数だけを出すのではなく、例えば小数点第2位まではそのままという場合です。

今回はそのような場合のソースコードを考えてみます。

 

スポンサーリンク

【JavaScript】小数点数を特定の決めた位置で四捨五入する

小数点数を特定の決めた位置で四捨五入するためには、toFixedメソッド, toPrecisionメソッドを使います。

いずれのメソッドも、指定した桁数に満たない際は0で自動的に不足分を補います。2つのメソッドは以下のような違いがあります。

toFixedメソッド:小数点以下が決めた桁数になるように丸めを行う

toPrecisionメソッド:数値全体が決めた桁数になるように丸める

 

let num = 123.456

console.log = (num.toFixed(2)); //123.46

console.log = (num.toFixed(7)); //123.4560000

console.log = (num.toPrecision(5)); //123.46

console.log = (num.toFixed(7)); //123.4560

 

タイトルとURLをコピーしました