エラーメッセージE325: ATTENTIONの意味と解決方法

この記事は約2分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

Linuxやコマンドプロンプト上で、phpなどを新規で立ち上げるためにファイルの書き換えなどを行った際に、E325: ATTENTIONというエラーメッセージが表示されて、元のファイルを書き換えできなくなったという経験はないでしょうか。

とくにIT未経験の駆け出しエンジニアの方やパソコン初心者や初学者の方や大学生はQiitaの記事を参考にしてやってみるものの、解決できないということもあるでしょう。

今回はこのE325: ATTENTIONというエラーメッセージの意味と解決方法について解説していきます。

スポンサーリンク

E325: ATTENTIONのエラーの意味とは

E325: ATTENTIONのエラーは、ファイルを書き込みしている際に途中で内容を保存しないで強制終了した場合に起こります。

ファイルを編集している時に、内部ではバックアップとして「.swp」と表記されるSwapファイルというバックアップファイルを自動的に作っています。

このファイルが存在しているおかげで、仮に強制終了してしまっても、もとの状態から編集することができるので、リカバリーを行えば簡単に解決できます。

スポンサーリンク

エラーメッセージE325: ATTENTIONの解決方法

エラーメッセージE325: ATTENTIONを解決するためのリカバリーとして、「:recover」もしくは「vim -r /etc/…/.conf」とvim -rの後ろにファイルの場所(パス)を記述する方法があります。

また、エラーメッセージの原因がSwapファイルにあるので、こちらを削除・消去してしまうこともできます。

rm /private/etc/hosts.swp」という感じで、エラーメッセージに標示されていたSwapファイルの場所を特定して、削除しにいきます。

とはいっても、編集する際にまたエラーが起きてしまうと同じことの繰り返しなので、エラーが起きないように、escキーで編集を終了した後、「:wq!」ファイル末尾に記述することを忘れないようにしましょう。

これで編集中のファイルの内容を保存して終了することができます。

スポンサーリンク

ファイルを:wq!で保存できない場合は

万が一ファイルを:wq!で保存できない場合は、ちゃんと保存して強制終了する方法もあるので安心してください。

escキーで編集を終了した後、「:w !sudo tee%」と記述して「:q!」を書きます。

これで強制終了しても保存されているので、エラーメッセージE325: ATTENTIONを起こさずに、元のファイルを編集することができます。

なお、このほかにもさまざまなviコマンドがありますので、ぜひこちらの記事もご参考にして解決して見てください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました