【MySQL】表(テーブル)を作成!A table must have at least 1 column

この記事は約6分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

表(テーブル)の列(縦)のことをフィールドまたはカラム、行(横)のことをレコードといいます。

ここで、以下のようなエラーメッセージが出て躓くような方もいるでしょう。

ERROR 1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; (中略)at line x ・・・ x行目でエラーが起きてます。そもそもあなたが入力したものが間違ってます。

ERROR 1046 (3D000): No database selected ・・・ データベースを選択していないので表を作れません。

ERROR 1113 (42000): A table must have at least 1 column ・・・ 最低でもせめて1カラム以上(列)は表を作ってください。

mysqlでは、このようなエラーが起きないように、1つ1つ手順通りに進めて作成する必要があります。

MySQLは、すぐエラーが出て困る。。。

 

 

MySQLのエラーメッセージは英文で記述されているので、英語が全然わからない場合はGoogle 翻訳で和訳すれば大抵の問題は解決します。

your SQL syntaxと出たら、構文の問題というよりは、そもそも自分の書いたものが間違っていると思ってください。

 

スポンサーリンク

【MySQL】表(テーブル)を作成!A table must have at least 1 column

MySQLにログインするためのソースコードとコマンド

mysql -uroot -p

こちらのソースコードを入力してパスワードを入力します。

データベースを作成するためのソースコードとコマンド

表(テーブル)を作成するためには、まず表(テーブル)を置くためのデータベースにアクセスする必要があります。

データベースを作っていない場合は、こちらの手順通りにソースコードをコピペして入力しましょう。

【MySQL】データベースを作成、確認し削除するためのソースコードとコマンド
データベースを作成することで、その中にテーブル(表)を作成したりすることができます。 初めてデータベースを作成する場合は、以下のソースコードを入力してEnter キーを押しましょう。 【MySQL】データベースを作成するためのソース...

 

mysql> create database database1;

 

そのまま直接、表を作成しようとすると、「ERROR 1046 (3D000): No database selected」というエラーメッセージが表示されてしまいます。

 

データベースを選択するためのソースコードとコマンド

表(テーブル)を作るためのデータベースを選択します。

先ほど作ったデータベース(database1)を選択しましょう。

mysql> use database1;

Database changed

use (任意のデータベース名);

 

 

導入はここまでです。次に表を作成します。

 

スポンサーリンク

表(テーブル)を作成するためのソースコードとコマンド

表(テーブル)を作成する

表(テーブル)を作成します。試しに以下のソースコードで表(hyou1)を作ってみましょう。

mysql> create table hyou1 (food varchar(20), price int, shomikigen date);

create table [新しく作成する表の名前] (表のフィールド → [food 文字列型(20文字分)], [price 整数型], [shomikigen 日付] );

 

食べ物の名前の欄を20文字分の文字列(Varchar)として用意し、価格の数字(Int)、賞味期限の日付(Date)を表示しています。

この時、括弧内の表の中身の部分も指定してあげないと、「ERROR 1113 (42000): A table must have at least 1 column」というエラーメッセージが表示されます。

 

表(テーブル)を確認するためのソースコードとコマンド

表が作成されていることを確認しましょう。

mysql> show tables;
+---------------------+
| Tables_in_database1 |
+---------------------+
| hyou1               |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

show tables; → 表の一覧をまとめて表示して確認

 

表(hyou1)」が作成されています。

表に食べ物の情報を書くためのスペース(フィールド)が用意されているか確認しましょう。

フィールドは表の列のことです。

 

列(フィールドまたはカラム)を確認するためのソースコードとコマンド

列(フィールドまたはカラム)が作成されているかどうか確認しましょう。

以下のソースコードをコピペしてコマンドを実行します。

mysql> show fields from hyou1;
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field      | Type        | Null | Key | Default | Extra |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| food       | varchar(20) | YES  |     | NULL    |       |
| price      | int         | YES  |     | NULL    |       |
| shomikigen | date        | YES  |     | NULL    |       |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
3 rows in set (0.00 sec)

show fields from [表の名前]; →  表のフィールドを確認

 

 

ちゃんと列(フィールドまたはカラム)付きで、表(テーブル)が作成されています。

実際に次のページでは表の中身(行・レコード)を作成して行きましょう。

【MySQL】表の行(レコード)を作るためのソースコードとコマンド手順
行のことをMySQLではレコードといいます。レコードを作成するためには、以下の命令文をコマンドしてください。 insert into (追加するフィールド)values(追加するレコード); それでは実際に行を作成してみます。...

 

それでは。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました