【Slack】パソコンやスマホでログインしてビデオチャットや会議をする

この記事は約5分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

在宅ワークが増え続けている世の中において、ビデオチャットや会議を行うためにはコミュニケーションツールのSlackが便利です。

プログラミングを行っている大学生やIT企業の間では、既にこういったビデオチャットツールが使われており、会議もオンラインで行うといったことが起こっております。

ビデオチャットのことをSlack内では、「Slackコール」(Slack Call)と呼んでいます。

 

Slackのほか、Zoomなどのビデオチャットや会議ができるツールも使われておりますが、Zoomの場合は脆弱性の問題が指摘されたため、今現在はあまり使用することは、セキュリティ上の関係でおすすめできないでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、 全世界でテレビ(ビデオ)会議ソフトウェア「Zoom」のオンライン授業やテレワークでの使用が広まっています。しかし、それに比例してセキュリティ専門家の注目も集まり、数々の問題が指摘されたことを受けて、米国の一部学校では使用が禁止される事態となっています。

『Zoom、台湾政府が全面禁止…ドイツ外務省やGoogleも「セキュリティの脆弱性」で使用制限』より引用

ぜひSlackの使い方をマスターして、実際の会議の場面で使ってみましょう。

スポンサーリンク

Slackってなに?

Slackは個人間またはチームで会話や会議をオンラインで行うことができるツールです。

MacOSやWindowsなどのパソコン(PC)、iOSやAndroidなどのスマートフォンでビデオチャットをすることができます。

また、ファイルのアップロードや送受信機能も搭載されているため、会話するだけでなく、会議に必要な書類や資料も手に入れることができます。

無料で使用することが可能ですが、有料で使用した場合は、以下のことが可能になります。

ちなみにZoomの場合はすぐに会議を行うことができます。

図解で解説!Zoomのオンライン会議へ招待する方法とは?PCやスマホに対応
Zoomはオンライン会議ができる便利なアプリケーションです。 Slackとも似ていますが、Zoomは会議への招待が簡単かつすぐにできるので、SlackよりはZoomは会議向けのアプリといえるでしょう。 今回はZoomのオンライン...

Zoomの設定方法についても解説しています。

スポンサーリンク

Slackの口コミと評判

良い口コミや評判

・2.8.1をインストールしたら、半角スペースが挿入されてしまう問題が解消されました。修正ありがとうございます!

引用先:https://slack.com/intl/ja-jp/

Slackはまだ誕生して間もないアプリケーションなので、今後アップデートしていくうちに改善していく余地はあるでしょう。

Slackのデベロッパー(開発者)の回答もスムーズで早いので、何か使っていて不具合やバグが生じたり、使いにくい仕様の問題がある場合には、積極的に質問してみると良いでしょう。

 

悪い口コミや評判

・新しいバージョンからコンポーザーに書式設定ができるようになったが、個人的にはあまり好きじゃないのでそれは設定から前と同じ設定にした。

・表示名に漢字を入力した際、一部の文字が太字で表示されます。

・Dockアイコンの右上に通知がない時でも『.』が赤丸出てます。

・3.3.2をMojaveのMacBook Proに入れたら、Slack自身もちらちらと表示されサインインに入力できない

引用先:https://slack.com/intl/ja-jp/

まだ悪い口コミや悪評が多く目立つところですが、専門的な開発者が会議で使う以外には、とくに問題なく普通に使えそうです。

いずれにしても、Slackはまだ開発途上のツールなので、将来的にはより大きなプラットフォームに生まれ変わっていくことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

Slackのログイン・サインインする方法

1、はじめにSlackのURLにアクセスします。

2、初めてSlackを使う場合は、右上の「SLACKを始める」ボタンからログイン・サインインします。

使ったことのある方は「サインイン」からSlackにログイン・サインインしましょう。

 

3、次に、登録するための自分のメールアドレスを入力しましょう。入力したら確認するボタンをクリック(押下)します。

「Slackについての感想をメールでぜひ送ってください。」は任意でチェックを外しておきなしょう。私はとくに必要がないので外しています。

 

もし、使えないメールアドレスが入力されている場合は以下のような表示がされます。

 

4、メールアドレス宛に6桁の数字コードが届くので、その通りに入力しましょう。

 

5、社名またはチーム名を入力しましょう。会議の名前です。後で変更することもできます。

6、プロジェクト名を入力しましょう。後で変更することもできます。

7、一番送信する相手のメールアドレスを入力します。自分でももちろん良いですが、プロジェクトに頻繁に携わったり関与したりしている主催者のメールアドレスが良いでしょう。

8、チームメンバーを追加することができますが、後で追加することも可能になります。

最初の登録が完了しました。 

ログインとサインインができました。

「プロジェクト名」を決めて、メンバーをメールアドレスから招待すれば、簡単にビデオチャットや会議をすることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

プログラミングをやっている方やIT企業の方にとっては既に当たり前のツールであるSlackですが、在宅ワークが増えていく昨今の世の中においては、今後どんどん普及していくことが期待できます。

なお、プロフィールを設定した後にパスワードを変更したい場合こちらのサイトで紹介しています。

もし職場や大学生のサークルなどで、まだSlackを使っていない人がいたらぜひ周りに勧めてみると良いですね。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました