【CSS#14】BootstrapとjQueryを使った幅や長さの異なるボタン

この記事は約3分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

はじめにhtml、同一ファイル内にそれぞれのファイルを用意しましょう。

cssファイルの中には、

・bootstrap.css.map

・bootstrap.min.css

・bootstrap-theme.css.map

・bootstrap-theme.min.css

 

 

fontファイルの中には、

・glyphicons-halflings-regular.eot

・glyphicons-halflings-regular.svg

・glyphicons-halflings-regular.ttf

・glyphicons-halflings-regular.woff

 

 

jsファイルの中には、

・bootstrap.min.js

を用意しましょう。

2つのボタンを作ります。

 

 

スポンサーリンク

【CSS#14】BootstrapとjQueryを使った幅や長さの異なるボタン

Button.html

<!DOCTYPE html>
<html lang=”ja”>
<head>
<meta charset=”utf-8″>
    <!– ビューポートの設定–>
<meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1″>
<title>UPDOWN TECH</title>
    <!– Bootstrapで使うCSSの読み込み–>
<link href=”css/bootstrap.min.css” rel=”stylesheet”>
  </head>
<body>
<section class=”container”>
<div class=”row”>
<div class=”col-xs-8″ ><button type=”button” class=”btn btn-block”>広いボタン</button></div>
<div class=”col-xs-2″ ><button type=”button” class=”btn btn-block”>狭いボタン</button></div>
</div>
</section>
<!– jQueryの読み込み–>
<script src=”https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js”></script>
<!– Bootstrapで使うJavaScriptの読み込み–>
<script src=”js/bootstrap.min.js”></script>
</body>
</html>
スポンサーリンク

まとめ

今回は”btn btn-block”を”col-xs”を使って表示を変えてみました。
幅や長さが調整できればスマホサイトのレスポンシブデザインも作れます。
プログラミングのテストや大学生の勉強のために、ボタンを応用してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました