【MotionBoard】チャートやグラフ、データソースを新規作成・配置・追加する方法

この記事は約3分で読めます。

MotionBoardでチャートやグラフ、データソースを新規作成・配置・追加する方法を解説します。

 

スポンサーリンク

【MotionBoard】チャートやグラフ、データソースを新規作成・配置・追加する方法

 

はじめに、MotionBoardで読み込むデータをExcelもしくはCSVで作成しましょう。

下図の簡単なデータ「DS_Sample1」を作成します。

 

 

ボードを新規作成します。左のファイル一覧を右クリックし、ボード新規作成をクリックしましょう。

 

 

 

次に、新規作成するボードの名前やレイアウトを決定します。

 

お好みの名前や色、フォント、モードを入力し、OKをクリックしてください。

 

筆者がおすすめするフォントはmeiryo(メイリオ)、モードはレイアウトモードです。

 

 

 

次に、ボードで使うデータソースを選びます。

 

接続先をボード専用excelにした場合、右側に「excelアップロード」と表示されるので、先程作ったファイルを選択して読み込みます。

 

この行とこの列だけ読み込みたい!などの読み込みの詳細設定を行いたい場合は「読込設定」をクリックしましょう。

 

なお、接続先を変更することで、excel以外のcsvなどのファイルを読み込むこともできます。

 

 

 

データソース「DS_Sample1」を読み込むと、データソースエディタ画面が開きます。

 

ここでは、データソースに対する、行、列、集計項目の編集を行います。

 

 

 

試しに、人名(文字列)を行に、年齢(数値)を集計項目にドラッグ&ドロップしましょう。

 

これでチャートに項目が表示されます。

 

OKボタンをクリックしましょう。

 

 

アイテムウィザード画面が開きます。

 

今回は、チャートを選択して「次へ」をクリックしましょう。

 

 

アイテムプロパティ画面になります。任意のチャートやグラフを選択することができますが、今回は「縦棒」を選択してOKを押します。

 

 

選んだ縦棒チャートをmotionboard画面に配置・追加します。

 

今回は右側に配置しました。

 

青紫の画面が出てきますので、右側にマウスカーソルを当てて、赤くなったらクリックしましょう。

 

新しいデータソースを用いて、新規のチャートを配置・追加できました。

 

 

 

 

 

 

執筆者
自己紹介
FirstPC

株式会社FirstPCのサイト管理運営者。
東京のIT自社開発系ベンチャー企業に勤めた後、Webデザイン系のフリーランスエンジニアとして様々な案件(HTML, CSS, JavaScript, Java, PHP, Swift)を重ねて独立し、会社設立。Webサイトのデザイン、コーディングのほか、ロゴ・バナー作成や副業用リライト記事の販売、動画作成をしている。

FirstPCをフォローする
プログラミング
スポンサーリンク
FirstPCをフォローする
FirstPC パソコンなんでも塾
タイトルとURLをコピーしました