作成したスマホアプリを商品化・登録して投稿する手順

この記事は約1分で読めます。

SwiftやKotlin, Javaなどで作成したスマホアプリを商品化・登録する手順について解説します。

iOSで作成した場合は、Apple Developer Programに、Androidで作成した場合は、GooglePlayストアにアプリを投稿します。

スポンサーリンク

iOSでアプリを作成した場合の登録手順

1、Apple Developer Programに登録します。

2、アカウント情報や各種証明書を用意しましょう。

3、アプリの基本情報を登録します。

4、詳細情報を編集します。

5、作成済みのスマホアプリをアップロードします。

6、審査へ提出して完了です。

7、審査結果の合否を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

Androidでアプリを作成した場合の登録手順

1、作成済みのスマホアプリのAPKファイルを用意します。

2、GooglePlayストアに登録します。

3、対象年齢・価格・リリースする対象エリアを設定します。

4、作成済みのスマホアプリを審査へ提出します。

5、審査結果の合否を待ちましょう。

 

 

執筆者
自己紹介
FirstPC

株式会社FirstPCのサイト管理運営者。
東京のIT自社開発系ベンチャー企業に勤めた後、Webデザイン系のフリーランスエンジニアとして様々な案件(HTML, CSS, JavaScript, Java, PHP, Swift)を重ねて独立し、会社設立。Webサイトのデザイン、コーディングのほか、ロゴ・バナー作成や副業用リライト記事の販売、動画作成をしている。

FirstPCをフォローする
プログラミング
スポンサーリンク
FirstPCをフォローする
FirstPC パソコンなんでも塾
タイトルとURLをコピーしました