【MySQL】フィールドまたはカラム列を追加作成するためのソースコードとコマンド

この記事は約4分で読めます。
ポートフォリオ制作実績

MySQLでフィールドまたはカラム列を追加作成していきます。

練習として表(hyou1)に対して、フィールドまたはカラム列を追加作成していきます。

 

スポンサーリンク

【MySQL】フィールドまたはカラム列を追加作成するためのソースコードとコマンド

食べ物の情報を載せた表に、「産地(sanchi)」を追加してみましょう。

事前にこちらのページで1つのデータベースに、表を1つ作成しておきましょう。
https://updowntech.com/programming/create-table/

database1を使ってプログラミングしていきます。database1を選択します。

mysql> use database1;
Database changed

表(テーブル)を作成するためには、まず表(テーブル)を置くためのデータベースにアクセスする必要があります。

表(テーブル)を作成したら変更前の表を確認してみましょう。

mysql> show fields from hyou1;
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type | Null | Key | Default | Extra |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| food | varchar(20) | YES | | NULL | |
| price | int | YES | | NULL | |
| shomikigen | date | YES | | NULL | |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
3 rows in set (0.00 sec)

 

フィールドまたはカラム(列)を追加作成します。以下のソースコードをコピペしてコマンドを実行しましょう。入力したらEnter キーを押します。「Query OK」と表示されればOKです。

mysql> alter table hyou1 add sanchi varchar(20) after food;
Query OK, 0 rows affected (0.03 sec)
Records: 0 Duplicates: 0 Warnings: 0

alter table [表の名前] add [追加する列の名前・型] after [追加する列の手前の列の名前];

 

 

表が変更されているかどうか確認しましょう。変更後の表のソースコードです。

mysql> show fields from hyou1;

+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| Field | Type | Null | Key | Default | Extra |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
| food | varchar(20) | YES | | NULL | |
| sanchi | varchar(20) | YES | | NULL | |
| price | int | YES | | NULL | |
| shomikigen | date | YES | | NULL | |
+------------+-------------+------+-----+---------+-------+
4 rows in set (0.00 sec)

無事、新しく産地のフィールドまたはカラム(列)が追加されました。

追加する列の前の列の名前をfoodと指定したので、foodの後にsanchiが追加作成されています。

型は、20文字分のスペースがあるvarchar(文字列型)を選択しました。

ちなみに、「alter table [表の名前] add [追加する列の名前・型] after [追加する列の前の列の名前];」の「add」以外にもいろいろな命令の句があります。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました